肌 酸化 活性酸素

MENU

知るほど恐い肌と身体の酸化について

肌細胞の酸化というのを聞いたことがあるでしょうか。

 

酸化とは金属が長期間空気にさらされていると錆びてくるような現象のことで、肌の内部でも同じようなことが起きています。
肌細胞が酸化してしまうと正常な機能を果たせなくなりますから、肌を老化させてしまいます。

 

この酸化の原因となっているのが活性酸素です。
紫外線を浴びたりストレスや生活習慣が乱れていたりするとたくさん活性酸素が発生してしまって、肌を酸化させてしまいます。

 

元々私達の体の中には活性酸素の働きを抑える酵素があるのですが、年齢を重ねてくるとその酵素の量が減ってしまって、活性酸素が増えてやすくなり老化が進行してしまいます。

 

抗酸化成分は活性酸素を抑制したり無効化する働きを持っていますから、肌の老化を遅らせて若々しい肌でいることができます。
よく知られている抗酸化成分には、ビタミンCやE、コエンザイムQ10やアスタキサンチンなどがあり、どれも食事やサプリメント、化粧品などから取り入れることができます。
アンチエイジングのためにも、上手く取り入れていくのがおすすめです。

 

活性酸素は肌老化の大敵で、肌細胞の機能を奪ってしまって老化を早めてしまいます。
あらゆる細胞を攻撃してしまいますから、肌のハリや潤いを保っているコラーゲン繊維を断絶させたり、細胞を変質させてしまうと、肌のハリがなくなってしわやたるみ、ほうれい線などの肌の悩みを増やしてしまいます。

 

また、肌細胞のDNAが攻撃されてしまうとその細胞は別物になってしまいますから、肌の潤いや滑らかさが徐々に失われてきて、コラーゲンやヒアルロン酸などを生み出せなくなってしまいます。
メラノサイトという細胞が攻撃されてしまうとメラニンが活発に作られてしまいますから、肌にシミが増えてしまいます。

 

このように肌には悪いことしかない活性酸素を除去してくれる頼もしい味方が抗酸化成分です。
活性酸素の数を減らしたり、効力が出ないように無効化したりなどの働きをしてくれます。

 

つまり、肌細胞が正常な機能を果たすことができますから、潤いやハリのある肌を維持することができて、シミやしわ、たるみなどを予防して老化を遅らせることができます。