肌 構造

MENU

肌は一体どんな構造になっているのでしょうか

肌表面の下にある角層は、肌の水分を保つ場所です。

 

健康な肌は綺麗に細胞が整列していて、細胞と細胞の間に水分と油分が層を埋めて潤いを保っています。そうすることで肌の奥から送られてくる栄養をきちんと受け取れ、外から与えられるスキンケア用品に配合されている成分も浸透させることができます。

 

ですが肌が乾燥してしまうと、水分と油分の綺麗な層が壊れてしまい、角層が正常に形成されなくなります。
そうなるとどんなに念入りにスキンケアをしても、栄養も水分も肌に留めておくことは不可能です。

 

乾燥した肌にはただ油分で蓋をするだけでは意味がありません。
肌に必要なのは水分と油分がバランスよく保たれた状態に戻すことなので、乳化された化粧水や、油分の少ない乳液で肌に水分と適度な油分を与えてきちんと保湿することがなによりです。

 

潤いが足りないからと油分で表面のみを覆っても乾燥は解消しませんので、水分を二度づけ、三度づけしたほうが肌は潤います。
乾燥には油分で蓋をするのではなく、水分と油分を肌に浸透させることが必要です。

 

もともと肌には肌自体が持っている保湿する力があります。肌に何もつけなくても健康な肌は充分に保湿されていて、水分が蒸発しないように肌に留める保湿因子成分が存在しています。
その代表的な成分がセラミドです。

 

セラミドが減ると水分が逃げやすい肌になってしまい、乾燥してしまいやすくなります。
セラミドが少ない状態でどんなに水分や油分を肌に与えても、水分は蒸発して油分ばかりが肌に吸着してしまうので、かえって皮脂が増えてべたついた肌になってしまいます。

 

乾燥対策にスキンケアをする場合には、まずセラミドを補って肌に水分を留める力を取り戻すこと大切です。
セラミドは水に溶けない性質で、水分保持をして肌バリアを築いています。ですが肌バリア機能は空気が乾燥していたり生活習慣が乱れてしまったり、加齢によってだんだんと失われてしまいます。

 

バリア機能が失われると、肌水分が蒸発して乾燥を起こしやすくなります。乾燥した肌というのはセラミドが不足した状態で、痛んでしまった肌は細菌や汚れが侵入してしまいやすくなります。
痒みや肌荒れなどが起こってしまうのです。

 

肌に乾燥や荒れといったトラブルがある場合には、セラミドを補うことで肌を正常な状態に戻すことができます。
セラミドは肌の潤いを保つために大切な成分です。