シミ 消せる 薬

MENU

シミって?どんな種類があって何が有効なの?

 

シミは紫外線の影響を受けてできる老人性色素斑が一番多く、他に女性のホルモンの影響でできる肝斑、肌トラブルの跡が残った色素沈着などがあります。

 

「老人性色素斑」

紫外線を浴び続けると、メラノサイトという部分で過剰なメラニンが生成されます。
通常の量のメラニンですと自然に排出されますが、過剰な分は排出が追い付かずに肌に留まるため、シミとなって表面に現れます。頬やこめかみにできやすいです。

 

「肝斑」

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますがプロゲステロンが多くなりすぎるとメラニンが過剰に生成されてシミになってしまいます。頬にできやすいのは老人性色素斑と同じですが形は肝斑の方がモヤっとしていて歪な場合が多いです。

 

「色素沈着」

ニキビやケガなどダメージによる刺激でメラニンが多く生成され、排出がうまくできずにシミとなります。
また年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーが乱れるのでメラニンの排出が追い付かず、傷の治りが遅かったり色素沈着をおこしやすくなります。

 

シミができてしまった肌からはメラニンを排出しなければいけません。
美白化粧品を使ったケア、塗り薬や飲み薬による治療、レーザーによる治療が有効です。

 

「美白化粧品」

ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などの有効成分が含まれたスキンケアを使うことでメラニンの生成を抑制し、新しいシミを作らないようにします。また今できているシミも薄くなる場合が多いです。有効成分を多く取り入れる為に単品ではなくライン使いの方が好ましいでしょう。

 

「薬による治療」

ハイドロキノンという塗り薬が有効です。皮膚科で配合率の高いものを処方してもらった方が良いでしょう。また、シミを消す薬もあり(内服薬)、たくさんのメーカーから商品が売られています。
肝斑の場合は注意が必要です。トラネキサム酸を服用することで薄くなり、皮膚科以外に市販の物もあります。

 

「レーザー」

美白化粧品や薬でも消えない濃いシミにはレーザー治療が有効です。
シミが消える確率は高くなりますが、絆創膏を貼ったり一時的に赤くなるなどのダウンタイムを避けて通れないのが現状です。
信頼できる皮膚科医の元で適切な機器と出力による治療が必要です。

乾燥はシミの元!どうすれば肌は潤う?

お肌の乾燥が気になる場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンが非常に効果的です。

 

コラーゲン等が全体的に不足がちになってくると、単なる乾燥のみならず、肌の弾力性の低下やハリそのものの減衰を早めてしまいます。お肌の老化を防止するためにはともかくもこれらの成分が必須です。

 

肌の老化といえば気にかかるのが、シワの増加やシミ、皮膚のたるみといったものが挙げられますが、こうした現象は往々にして、肌から活き活きとした潤いが喪失されてゆくことによって生じます。それを回避するために必要な成分はコエンザイムQ10やスクワランです。

 

元々どちらも人間の身体に存在する成分なのですが、年齢を重ねることによって少しずつそれらが失われてしまうわけです。

 

シミはいったん濃くなってしまうとなかなかそれを消してしまうことが出来ませんが、メラニンによる色素沈着が本格化する前に、アルブチンという成分を摂取することで、お肌が持つ元来の明るい白さにシミ部分を修復することが可能です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンは、フカヒレや豚足、あるいは鶏の軟骨といった食品に多く含まれています。こうした食品を煮たりすると、プルプルとした「煮凝り」が出来ます。あれがまさにコラーゲンを含んでいる表れなのです。

 

ヒアルロン酸は、納豆やトロロ、おくらといったネバネバ系の日常的な食品にもたくさん含まれていますから、それらを積極的に摂取してみるのも一つの方法です。

 

コエンザイムQ10は牛・豚・鶏といった各お肉や、レバー、うなぎ、マグロなどに含まれています。野菜では大豆や枝豆といった豆類、ほうれんそう、ブロッコリー等を食べることによって体内に取り入れることが可能です。

 

また、スクワランはオリーブオイルやアボカド油などを食材として用いれば、食事による経口摂取が出来ます。

 

シミを消してくれるアルブチンは、梨やマッシュルーム等に含まれています。たとえばマッシュルーム入りのサラダを食べたあとに、デザートとして梨を食せば、しっかりとアルブチンを摂ることが実現できます。